必須 メールアドレス  【半角英数字】
必須 お名前 ニックネイムもOK
姓:名:

カードも使えます。

その他のオプション
中村はるみに相談するメリット
中村はるみに相談するメリット
ご相談の流れとプラン料金
ご相談の流れとプラン料金
中村はるみにご相談のお申し込み
中村はるみにご相談のお申し込み
相談者の声・感想
相談者の声・感想
魅力的な女性になる講座・講演会
魅力的な女性になる講座・講演会
中村はるみの2014.6.1~のブログ
中村はるみの2014.6.1~のブログ
中村はるみのメディア出演実績
中村はるみのメディア出演実績
メディア記事・講演会・講座依頼
メディア記事・講演会・講座依頼
安心の専門家として登録者です
安心の専門家として登録者です

女性ホルモンから分かる女性の特徴を知って幸せになる

イライラした時に、男性から「生理前?」と言われて、ムッをしたことがありませんか? 男性は女性を男性とは違う感情的生物と考えているようです。(この記事はネットと本を調べ、各種ホルモンなどのサイトからの知識を参考にして記載いたしました。ですのでもっと情報を知りたい方はネットで探索してください)


実は《性格や考え方にホルモンが影響を与えているのです》

 

性格や考え方はホルモンの影響を受けています。ホルモンは本能的感情を起こします。

事例としては、受精卵の男女胎児への育ちかたです。男性はXY,女性はXX の遺伝子ですが、その遺伝子だけでは男女胎児に育たないのです。

人間の胎児は受精後6~7週ぐらいまでは、男でも女でもない状態:雌雄同体です。

男性ホルモン:アンドロジェン(95%がテストステロン)のホルモンを浴びた胎児が男性へ、浴びなかった胎児が女性へ成長します。

1980年代に男性はこの為、脳と左脳を繋ぐ脳梁が25%狭くなると言われていましたが、その後、大規模は再測定がなされ、男女の脳性差は確かにあるモノの想像されるよりずいぶんと小さいとする研究者も多いです。男女の性差を脳科学から話すのはまだ早いようです。
(出典:日経夕刊2007年7月18日「明日への話題」脳研究者池谷裕二氏)

男性ホルモンの浴び方が少なかった胎児が性同一性障害者
になると言われています。
遺伝子が超男性(XYY)の方は
男性ホルモンを大量に浴びるので、凶暴になるとの意見もあります。つまりホルモンは感情・本能に影響を与えています。

では女性に影響を与えるホルモンはというと、下記の約4つのホルモンがあり、その影響で女性には4周期があります。

女性のホルモンサイクルを知って生活に活用するby中村はるみ
女性のホルモンサイクルを知って生活に活用するby中村はるみ

 

 

女性に影響を与えるホルモン

 

エストロゲン
プロゲステロン
オキシトシン
テストステロン
 テストステロンは、女性にも分泌され影響を与えています。

 

 

個人差はありますが、女性は感情の周期があると言えます。それらは子供を産み育てるための設定です。
では、4種類のホルモン分泌周期=1ヶ月とその機能の説明を 図を見ながら読んでください。

 

ちなみに、人間だけが発情期がないと言えるでしょう。人類の進化、二足歩行になった時から、発情期という制約から解放されました。詳しくは霊長類研究の第一人者山極寿一氏の本をお読みください。

 

《女性は1ヶ月に4回生まれ変わる》

男性は1年中発情するような仕組みですが、女性は妊娠し子孫を残すことを目的に発情期と発情を抑えられている期にわかれ、1ヵ月を4つの期間A・B・C・Dにわけ女性ホルモン分泌は変化します。


《受精の可能性が少ない憂鬱な生理のA期》

生理がはじまる日を「0日」とします。0日~7日のA期は生理です。生理中の不快感があります。人によっては痛みもあります。

A期はテストステロンの量がMAXが続き、減り始めると生理の量も少なくなります。A期はイライラ・攻撃性がまだあります。
このイライラが男性に不安を与えて、男性のテストステロンの量を増やす効果もある時期です。

このA期に男性はアタックしてもフラレル可能性大!1週間から2週間後に再アタックを試しましょう。

《受精可能な恋の発動B期》

7日~排卵日14日に向けてエストロゲンが多くなり、体感度が増し性欲が高まり、女性らしさが増すB期。


妊娠しやすい時期。頭のキレや回転もよく、記憶力と洞察力も最大になり、直感力・男を見極める能力も鋭い。


肌も髪も、化粧のノリもよし。体の調子がよく、感じやすい時期です。恋の発動期。

子どもを産み育てるための仕組by中村はるみ
子どもを産み育てるための仕組by中村はるみ

卵胞刺激ホルモンは女性の場合
●卵胞の発育
●エストロゲンの生成の促進
●月経周期のコントロール に大きく関与します。

また、男性の場合は
●睾丸の発育
●精子の生成の促進
に卵胞刺激ホルモンが関与しております。

 

《受精しているかもしれないための冷静と安定のC期》

卵子の寿命は、排卵日の24時間!この時に受精しなければ、卵母細胞は退化し消えます。
最も妊娠しない期or妊娠している安定必要期のどちらかです。

もしかしたら妊娠しているかもしれない時期であるために、流産しないために安定を最優先にいたします。

このC期は、安定剤の役割を果たすプロゲステロンとオキシトシンの分泌が増え、行動は守りに入ります。性衝動より、経験知・知識が優先し、安定に必要なモノに惹かれる時期です。
つまり、男性からのHには、感じないように設定されている時期です。


《受精不可能・攻撃度が増すD期》

 

生理前この時期は、女性の攻撃度が増す、感情が外に向かって出るPMS(月経前症候群)期!この時期は妊娠はしません。

 

A期は生理状態に対する不愉快さ。D期は外へストレスを発散する攻撃の発散期!我慢はNGの次期です。

女性の周期の特徴を知り、活用しましょう。結婚している場合、妊娠・避妊の知識にもなります。女性の本能といえる
妊娠・出産は夫婦関係に大きな影響を与えています。
妊娠・出産は、夫婦円満の大きな要素ともいえます。

 

次に進む⇒

 愛させコラム一覧表に戻る

左サイドに愛されコラムの一覧が載っています。

ブログ一覧はこちら

 HPページトップに戻る

ご相談申し込みフォーム
ご相談申し込みフォーム

※離婚・夫婦問題解決、夫婦円満のご相談は

04‐7190‐5869に!

お電話が繋がりにくい場合は、留守番電話に録音、少し時間をおいてのお掛け直しをお願い致します。 折り返し申し込み込み受付仔細をお伝えします。

 

お申し込みは仮名・ニックネイムでOKです。

ご住所も明記する必要はありませんのでご安心ください。あなたの秘密は厳守いたします。

電話相談は全国! 対面相談は東京、千葉、

柏、埼玉、茨城は日帰り相談可能です。

写真提供:ペイレスイメージズ

HPページトップに戻る