必須 メールアドレス  【半角英数字】
必須 お名前 ニックネイムもOK
姓:名:
夫婦円満コンサルタント中村はるみのコンサルはVisa、MasterCard、American Express、JcBカード使えます
夫婦円満コンサルタント中村はるみの電話相談は全国対応です
夫婦円満コンサルタント中村はるみに相談するメリット
中村はるみに相談するメリット
夫婦円満コンサルタント中村はるみへの相談お問い合わせ
夫婦円満コンサルタント中村はるみのご相談の流れとプラン料金
ご相談の流れとプラン料金
中村はるみにご相談のお申し込み
中村はるみにご相談のお申し込み
夫婦円満コンサルタント中村はるみの相談者の声
相談者の声・感想
魅力的な女性になる講座・講演会
魅力的な女性になる講座・講演会
夫婦円満コンサルタント中村はるみの離婚回避の情報
中村はるみの2014.6.1~のブログ
夫婦円満コンサルタント中村はるみのメディア出演実績
中村はるみのメディア出演実績
夫婦円満コンサルタント中村はるみの出演依頼
メディア記事・講演会・講座依頼
夫婦円満コンサルタント中村はるみの専門家プロファイルサイト
安心の専門家として登録者です

夫婦円満:DV夫の目線。ヒーロー扱いされ…

 ◆夫婦円満学校 愛され妻たちの魔法 夫婦再恋愛    

第1章 夫をヒーローにしたら夫婦仲が上手くいった!

 実話1】DV夫が優しくなった 

 

第一話 ヒーローとなったDV夫の目線

 

前回のご夫婦の状況を夫目線で書くと次のようになります。

読み比べてください。

 

花明孝雄さん(35歳・会社員。妻・幸子・33歳・専業主婦。子供1人3歳。)は、会社の激務でストレス満載でした。

 

ある日ひょんなことで携帯ゲームをやったら、とても面白いのです。

さらにストレスも発散できるのです。ゲームにはまってしまいました。

 

 僕は孝雄と言います。

ゲームに夢中なのです。「ゲームで10万を使う」なんてことをよく聞きます。

僕はそれがもったいないと思います。

 

お金をかけずにゲームはクリアしたい! 」と考え、その方法を夕食の最中も探っていました。見つけました! 

 

その方法だと5000円以内で収まるのです。題して「経済的天才の方法」です。

 

 

僕って天才でしょ。

僕は他人の指示や言うとおりするのが嫌なんですネ。

だからゲームメーカーの思惑に乗るのも嫌なんです。

指示・命令は会社だけにしてほしいです。

 

ゲームのクリアの方法を一番に妻の幸子に話したのに「そう」とつれないのです。

 

さらに「そんなことしないで、もっと私と話をしてよ。

第一、食事の時間にゲームなんてするのはよくないことでしょ」なんて言うのです。

僕もそんなこと知っています

 

でもね、「経済的天才の方法」見つけるには、そのくらいしないと無理なんです。

 

 僕は幸子に「すごい!」と言って欲しかったです。

働いたお金はすべて妻幸子に渡し、僕の小遣いの中でやりくりしていました。

それなのに、「ああしろ」「こうしろ」と上司のように命令するのです。

 

イヤになります。

 

 

確かに幸子のいうことが正しいです。

でも、家のことって妻の仕事でしょ。妻はうるさいことを言うのです。

 

そうしていたら、ある日、手が出てしまったのです。

(まずい!よくない)と思いましたが、謝るなんて、できません。

まるで僕が負けるようで、妻には負けたくないのです。

 

 

 幸子さんが私に伝えなかったことは、携帯ゲームに使っていた金額です。

私は10万くらいかなと想像していましたが、たったの5千円だったのです。

 

その5千円がもったいないと感じていた幸子さん。

彼女は、夫が見つけた「天才の方法」には全く無関心でどうでもよいことだったのです。

 

でも、孝雄さんにとっては、誇らしい威張りたいことだったのです。

 

 幸子さんの「ある奇跡」とは、感情日記を孝雄さんが読んだことによる変化です。 

日記のルールは 

  1. 「私は」から始まる文章=主語を「幸子さん」にして書くこと。
  2. 「夫は」と書くことはNG。つまり夫を主語にしない=批判・否定・評価しない。
  3. ご自分の気持ち・望み・行動だけを素直に書く。  

 

 以下は、私の推測です。

孝雄さんは、幸子さんが優しくなり、笑顔でいることが多くなったことに気づきました。

「不思議だな」と感じていました。

 

さらに孝雄さんを否定せずに話すことに肯く幸子さんに戸惑いながら、嬉しかったのでした

孝雄さんは不思議なくらい幸子さんへの愛を感じたのです。 

 

 ある日、幸子が何かを書いているのです。

 

「何を書いているのだろ?」と興味が湧きました

数日後、そのノートが棚にあるのを見つけ黙って読みますと、日記だったのです。

 

「僕の悪口も書いているのだろう」と思い読みましたが僕への非難・否定は一切なかったのです。そこには妻の悲しい気持ち、自分に対する愛情と不安が書かれていました。

 

 

 その時初めて、孝雄さんは幸子さんの愛=気持ちを素直に受け取れたのでした。

その時(この人を幸せにしたい!)と、思いました。

でも最初は素直にそれを実行できず、拗ねました。

 

なぜなら自分が悪いと解っていたからです。

 

 

 拗ねても、いつも笑顔でいる幸子さんに拗ねるのが恥ずかしくなり、勇気を出して妻である幸子さんをいたわってみました。

 

 

すると「ありがとう」と言葉が返ってきたのです

 

さらに幸子が「すごい!よく五千円内で済む方法を見つけわね。天才!」と誉めてくれるようになったのです。

それは妻に言ってほしかった言葉でした。

 

 妻は僕の話しを最後まで聞いてくれます。

さらにきちんと、妻の感じていることも話してくれます。

今では会社のストレスも安心して妻に話せるようになりました。嬉しいです。

 

もちろん、ゲームは続けていますョ。

 

 あなたは、読んでどう思いましたか? 

 

同じ事柄でも、誰の立場で書くか、立場によってまったく異なるとは思いませんか? 

 

夫婦の場合、そこに男女の性差も影響してきます。

ここで使ったテクニックは、第三章に載せますので、お楽しみにしてくださいね。

離婚・夫婦問題解決、夫婦円満のご相談は04‐7190‐5869に!
離婚・夫婦問題解決、夫婦円満のご相談は04‐7190‐5869に!
ご相談申し込みフォーム
ご相談申し込みフォーム

※離婚・夫婦問題解決、夫婦円満のご相談は

04‐7190‐5869に!

お電話が繋がりにくい場合は、留守番電話に録音、少し時間をおいてのお掛け直しをお願い致します。 折り返し申し込み込み受付仔細をお伝えします。

 

お申し込みは仮名・ニックネイムでOKです。

ご住所も明記する必要はありませんのでご安心ください。あなたの秘密は厳守いたします。

電話相談は全国! 対面相談は東京、千葉、

柏、埼玉、茨城は日帰り相談可能です。

写真提供:ペイレスイメージズ

HPページトップに戻る