必須 メールアドレス  【半角英数字】
必須 お名前 ニックネイムもOK
姓:名:
夫婦円満コンサルタント中村はるみのコンサルはVisa、MasterCard、American Express、JcBカード使えます
夫婦円満コンサルタント中村はるみの電話相談は全国対応です
夫婦円満コンサルタント中村はるみに相談するメリット
中村はるみに相談するメリット
夫婦円満コンサルタント中村はるみへの相談お問い合わせ
夫婦円満コンサルタント中村はるみのご相談の流れとプラン料金
ご相談の流れとプラン料金
中村はるみにご相談のお申し込み
中村はるみにご相談のお申し込み
夫婦円満コンサルタント中村はるみの相談者の声
相談者の声・感想
魅力的な女性になる講座・講演会
魅力的な女性になる講座・講演会
夫婦円満コンサルタント中村はるみの離婚回避の情報
中村はるみの2014.6.1~のブログ
夫婦円満コンサルタント中村はるみのメディア出演実績
中村はるみのメディア出演実績
夫婦円満コンサルタント中村はるみの出演依頼
メディア記事・講演会・講座依頼
夫婦円満コンサルタント中村はるみの専門家プロファイルサイト
安心の専門家として登録者です

離婚回避、夫婦円満、浮気防止、三角関係、夫婦の溝も男を立て解決

「はい、ありがとう」と事実を認めることが夫婦円満のコツ

 ◆夫婦円満学校 愛され妻たちの魔法 夫婦再恋愛    

第1章 夫をヒーローにしたら夫婦仲が上手くいった!

 実話4】夫をメンターにしたら、生きやすくなった その2

加芽居雅子さん(30歳・新聞嘱託のライター・年収100万。子供2人。夫・哲夫・40歳・会社員・年収700万) 

 雅子さんは夫から「離婚」と言われました。その理由はライターの夢を追うために家計のお金を使い、家事を手抜きし夫とバトルをしているから。そこで、離婚回避し、ライター仕事を続けるために相談をしました。

 

 私は雅子さんに次の3点をご提案しました。

  1. 哲夫さんの言葉に「そうだね。たしかに」と最初に受け止める言葉を使うこと
  2. 雅子さんの可能性を信頼しご自分に自信を持つこと
  3. 夫をメンター・軍師にすること=雅子さんの成功を哲夫さんの成功にすること

 

 この3点は、夫の話の聞き方・意見の伝え方のレクチャ―・トレーニングと、心理セッションで心のブレーキと刷り込みを外し1つ1つクリアしました。

 

 最初に雅子さんの仕事に哲夫さんを巻き込むために、哲夫さんに全て報告・相談・連絡をすることから始めました。 男に一言、連絡し許可を頂く姿勢を見せれば、男のメンツは立つのです。

 

 次に、雅子さん自ら「夫をメンターにする」と決めることが重要でした。

 そのために編集長から批評の中で一番気になることを聞きました。すると「論理的でない」といつも言われていることが解りました。

「もしご主人が読んで論理的と感じる記事が書けたらどうですか?」

雅子さん「編集長も論理的であるというと思う」

 

「では、ご主人に添削をしてもらいましょう」

雅子さん「夫は文章力がありませんし、嫌です」

「確かにそうですね。論理力はありますね。ご主人が違和を感じず、スムーズに流れている文章になるまで、謙虚にご主人の批評に対応すれば、雅子さん、あなたの評価は上がり、文章力もつきます。「そうなった雅子さん」だと新聞社との契約は増えるのではないですか?」

 

 つまり、哲夫さんの批評に素直に雅子さんが対応した記事は、男性目線も入り雅子さんの記事の反響もよくなり、今後の仕事の展開が良くなる可能性が大きいということです。

さらに「あなたのお陰で記事の反応がいい」この言葉で哲夫さんの顔も立てられ、メンターの位置に自然と哲夫さんは行きます。この2つのメリットは素晴らしいと思いませんか?

 

 雅子さんに「夫をメンターにする」と決めると得られるメリットを自覚していただき、自ら決めていただきました。

 

 能力のある女性の場合の夫婦関係再構築、夫婦円満、離婚回避は

 夫の顔を立てる思考が不可欠。自分の成功=夫の成功にする  

 その副産物があなたをさらに成功に導く! 

 そのために必要なことは?

 

 言うのは簡単ですが、夫に否定され続けた雅子さんはすぐさま反応します。「私を認めてよ。私を否定し続けたあなたが私を認めて癒してよ」とね。その無意識な反応さえ雅子さんは気が付いていませんでした。

 

 さらに、「そうだね。たしかに」と最初に受け止める言葉を言えません。すぐさま「だって、でも」と言ってしまうのです。無意識に反応してしまうのです。これは、雅子さんが常に相手に認めてもらうことを求めてしまうからです。

 

 そのとき私が言った言葉は、自分を癒すのも、認めるのも自分でしかできないでした。キツイ言い方ですが、すべてご自分が今の環境を作ったのです。ですから自分で環境は変えられます。

 

 哲夫さんは雅子さんを否定したのではないのです。事実を言っただけです。「家族の生活費はすべて僕が出している。それを君は当たり前のように受け取っている。君が稼いだお金はすべて自己投資している。さらに僕のお金まで自己投資に使っている。なのに、君は僕に感謝の言葉がないばかりか、僕に「誉めろ、認めろ」と言って僕を非難している。それってぼくに対する甘えだよね」。

 

 これらの言葉はすべて事実でした。先ずは、事実を認め、その一つ、一つに対応することをしました。

 

 その対応とは、雅子さんが事実を認め「養ってくれて、ありがとうございます。これかもよろしくお願いします。あなたに一目置いています。愛しています」と言うこと。そして「これかも、私を指導してください」と夫をメンターにすることでした。ほんの少しずつでしたが、雅子さんは事実を認め行動し、夫からの離婚を回避しました。

 

 「ご自分が作った事実」を認める勇気を持つ  

  

雅子さんは次のように感想を述べています。 

 夫をメンターにしてから、編集者の『論理』という意味がよく解りました。男性編集長が君の結論はなにだ! 君の文節はイイが、文章として流れができていない。何を言いたいか解らない」とよく言われました。夫をメンターにしてから編集長の反応が変わりました。これから稼ぎます。夫婦仲も良くなりました。

 今回は夫が浮気をしたのでなく、私の夢を叶えるための夫婦闘争でした。

 

 私は夫と主導権争いをしていたのです。私は自分の能力を信じていなかった。だからこそ夫に「君、よくやっているよ」と夫に言って欲しかった。それは夫も同じでした。

 私の才能に対する夫の嫉妬を感じていたので、反応し反発し無意識に夫のメンツをつぶしていました。には大切なメンツでした。

 

私がライターとして食べていけると自信ができたので、主導権争いを辞めることができました。その自信ははるみ先生と夫と私が一緒に作ったものです。

 

一言『夫に養ってくれてありがとう』と言えばよかったんだと解りました。事実を認めればよかったのです。今はとても楽に生きています。無理はしません。ライターとしても成功します。夫に感謝をしています。

「女は仕掛ける」という意味がよく解りました。

離婚・夫婦問題解決、夫婦円満のご相談は04‐7190‐5869に!
離婚・夫婦問題解決、夫婦円満のご相談は04‐7190‐5869に!
ご相談申し込みフォーム
ご相談申し込みフォーム

※離婚・夫婦問題解決、夫婦円満のご相談は

04‐7190‐5869に!

お電話が繋がりにくい場合は、留守番電話に録音、少し時間をおいてのお掛け直しをお願い致します。 折り返し申し込み込み受付仔細をお伝えします。

 

お申し込みは仮名・ニックネイムでOKです。

ご住所も明記する必要はありませんのでご安心ください。あなたの秘密は厳守いたします。

電話相談は全国! 対面相談は東京、千葉、

柏、埼玉、茨城は日帰り相談可能です。

写真提供:ペイレスイメージズ

HPページトップに戻る