必須 メールアドレス  【半角英数字】
必須 お名前 ニックネイムもOK
姓:名:

カードも使えます。

その他のオプション
中村はるみに相談するメリット
中村はるみに相談するメリット
ご相談の流れとプラン料金
ご相談の流れとプラン料金
中村はるみにご相談のお申し込み
中村はるみにご相談のお申し込み
相談者の声・感想
相談者の声・感想
魅力的な女性になる講座・講演会
魅力的な女性になる講座・講演会
中村はるみの2014.6.1~のブログ
中村はるみの2014.6.1~のブログ
中村はるみのメディア出演実績
中村はるみのメディア出演実績
メディア記事・講演会・講座依頼
メディア記事・講演会・講座依頼
安心の専門家として登録者です
安心の専門家として登録者です

夫に及ぼす男性ホルモンの影響と特徴

テストステロン(Testosterone
男性ホルモンの一種 男性らしさを作るホルモン

男性にはステロイドホルモンが欠かせませんby中村はるみ
男性にはステロイドホルモンが欠かせませんby中村はるみ

(この記事はネットと本を調べ、各種ホルモンなどのサイトからの知識を参考にして記載いたしました。ですのでもっと情報を知りたい方はネットで探索してください)

骨格の発達による逆三角形の体・強い皮膚・筋肉増大。運動に適した循環器系と呼吸器系、思春期以降、低い声・精悍な顔つきなどの二次性徴として男性的な身体の特徴が形成される。狩猟戦士の闘争本能を作り上げるステロイドホルモン。
 
胎児期にテストステロンがしっかりと分泌されることをアンドロゲンシャワーと呼び、これにさらされることで、脳は女性的特徴を失い、男性生殖器の形成がされ、心も男性となる。

 

女性の男性ホルモン分泌の分泌量は男性の5-10%程度で卵巣や副腎から分泌される。男性は睾丸、副腎から分泌される。 
各男性の個人量は異なる。 少ないと心は女(性同一性障害)となる。

男でも、女でこれが多い人は攻撃的・支配的な性格になる。
ニューハーフの方は“女性脳に近い構造が多いとされているが、詳しくは未だ解明されていない。
 一般に30歳ごろから減少しはじめ、年1–2%の割合で減少する。テストステロンの急激な減少は男性更年期と呼ばれ、性的障害にも関与しストレスなどとも深くかかわっている。

男性のテストステロンの分泌量は1ヶ月間では変化が無いが、年代別変化の曲線が大きい。
一般的に、20代では好戦的で、60代になると丸くなり穏やかになるが個人差が大きい。

ヤル気・快感を感じる時はどんな時?by中村はるみ
ヤル気・快感を感じる時はどんな時?by中村はるみ

  ドーパミン(Dopamine)

人にヤル気・快感・ワクワクを感じさせるホルモン
別名:快楽ホルモン


男性の場合、テストステロンが分泌されると
脳の神経細胞(ドーパミンニューロン)から分泌される快感を感じる神経伝達物質。

「学習のやる気ホルモン」ともいわれ、ドーパミンが分泌する行動=ワクワクすること・楽しいことを感じる。すると、 もう一度そのワクワク感・楽しい高揚感・快感を再び味わいたくって、すべての動物(人も)再度行動を起こす。

 
ですから、報酬系ホルモンと呼ばれ、意欲、動機、学習などを無意識に高める。過食・酒・タバコetc…体に悪いと知っているが、辞められないのは このホルモンの仕業です。


気持ちを穏やかにする働きがあるセロトニンにも関係しています。

エンドルフィン(Endorphin)
 幸せ感・陶酔感をもたらすホルモン 別名:脳内麻薬・脳内鎮痛剤

家族団欒の生活を味わってみましょう。by中村はるみ
家族団欒の生活を味わってみましょう。by中村はるみ

ドーパミンは「爽快!」「快感!」という感情を運びます。

エンドルフィンは「なんだか気持ちいい~」という柔らかな心地良さを運びます。これが両者の違いです。
 
家族団らんでいる時、親子の愛情や、兄弟の愛情を感じた時、
本当に信頼できるパートナーと一緒の時などに分泌されるほのぼの感のホルモン。

綺麗なモノ、気持ちの良いモノを見たり聞いたりしたときに多く分泌される。
 

感謝の念が強くなり、周りに優しくなったりします

モルヒネ以上の効果もあり天然の鎮痛剤ともよばれる。免疫力を高める効果もあり、多く分泌されると健康が増進する。マラソンの「ランナーズハイ」・性交渉にも関わって居るとされている。
 
アドレナリン(エピネフリン)(Adrenaline)

女もアドレナリンを分泌するby中村はるみ
女もアドレナリンを分泌するby中村はるみ

「興奮」した時に分泌されるホルモン。
別名:闘争ホルモン

 
窮地に陥った時、別れ話を切り出された時、ギャンブルやケンカの時なども分泌される。生命の危機に陥った時、生命活動を盛んにするために分泌されるドキドキした時に攻撃準備をするホルモン。
 
ストレス反応の中心的役割を担い、テストステロントの分泌と関連している。

呼吸を早める、血圧を上昇させる、集中力を高めるなどの効果があり、
対決の準備をし、緊張感も引き出す。

危険を感じた時、交感神経が興奮した状態、すなわち「闘争か逃走か (fight-or-flight)」の時、
分泌されるホルモン。しあわせの時は分泌されない。アドレナリンの抑制ホルモンとしてセロトニンが分泌される。

  
危機に陥った時に分泌され、血糖値をあげ、俗言う“火事場の力”を出しサッカーなどの試合で血まみれや 骨折の状態になっても全く痛みを感じないこともある。

 

ホルモンから観ると、男性の特質は次の3つである。

1、行動的である。

2、物事を解決・処理するに適した仕組となっている。

3、未来志向である。

 

次に進む

 愛させコラム一覧表に戻る

左サイドに愛されコラムの一覧が載っています。

ブログ一覧はこちら

 HPページトップに戻る

ご相談申し込みフォーム
ご相談申し込みフォーム

※離婚・夫婦問題解決、夫婦円満のご相談は

04‐7190‐5869に!

お電話が繋がりにくい場合は、留守番電話に録音、少し時間をおいてのお掛け直しをお願い致します。 折り返し申し込み込み受付仔細をお伝えします。

 

お申し込みは仮名・ニックネイムでOKです。

ご住所も明記する必要はありませんのでご安心ください。あなたの秘密は厳守いたします。

電話相談は全国! 対面相談は東京、千葉、

柏、埼玉、茨城は日帰り相談可能です。

写真提供:ペイレスイメージズ

HPページトップに戻る