必須 メールアドレス  【半角英数字】
必須 お名前 ニックネイムもOK
姓:名:
夫婦円満コンサルタント中村はるみのコンサルはVisa、MasterCard、American Express、JcBカード使えます
夫婦円満コンサルタント中村はるみの電話相談は全国対応です
夫婦円満コンサルタント中村はるみに相談するメリット
中村はるみに相談するメリット
夫婦円満コンサルタント中村はるみへの相談お問い合わせ
夫婦円満コンサルタント中村はるみのご相談の流れとプラン料金
ご相談の流れとプラン料金
中村はるみにご相談のお申し込み
中村はるみにご相談のお申し込み
夫婦円満コンサルタント中村はるみの相談者の声
相談者の声・感想
魅力的な女性になる講座・講演会
魅力的な女性になる講座・講演会
夫婦円満コンサルタント中村はるみの離婚回避の情報
中村はるみの2014.6.1~のブログ
夫婦円満コンサルタント中村はるみのメディア出演実績
中村はるみのメディア出演実績
夫婦円満コンサルタント中村はるみの出演依頼
メディア記事・講演会・講座依頼
夫婦円満コンサルタント中村はるみの専門家プロファイルサイト
安心の専門家として登録者です

夫婦円満・離婚回避:転勤の打診をチャンスに!

 ◆夫に転勤の打診、あなたに転勤の打診が来たときどうする?

 

もしもの仮定です。

あなたの夫に転勤の打診があり「行ったらもしかしたら出世につながるかもしれない」と、その打診を受けて帰ってきました。

 

妻が正社員でもパートでも、妻は妻でその土地で築きあげてきたものがあります。また子供の学校などのこともあります。

 

【質問】あなたはついて行く? それとも単身赴任を夫に頼みますか? 

 

【 普通のアドバイス 】

経済的要素、子供の教育、あなたのキャリアなど、転勤の期間などを考えて夫婦で話し合うことが大切です。会社によっては、単身赴任を認めない会社もあります。

 

夫婦で話し合って「転勤しない」と決めたら、早めに撤回意思を示さないと 会社側も困ります。

転勤すると決めたら、家族で転勤するか、夫婦で転勤するか、単身赴任するか、家族で話し合うことが大切です。

 

【 夫に愛され続けるためのアドバイス 】

夫の心理からは、男としてついてきてほしいと願うでしょう。つまり、自分の愛する女としてついてきてほしいと思うのが男性心理です。

私の感覚では、社内浮気が浮気の半数以上を占めています。単身赴任地での浮気も多いです。

 

このことを踏まえると、家族で転勤をお薦めします。

あなたがついていくことをお薦めします。

 

デモね。子供の教育やあなたのキャリアも考えなくてはね

 

子供は意外と学校になじむものですが、その子の個性もあります。いかに母親として子供と話しあい、理解しているかなど子供のことを論じると長くなりますのでそれは別の時にしますね。一般的に言えることは、中2以上の転校は要注意です。

 

ですから、夫婦だけで転勤という選択もあるかもしれませんね。

 

転勤地でもキャリアを作れますが、退職するとキャリアを積めない場合もあります。

夫に単身赴任してもらう選択もあるでしょう。

 

 

どんなときも、あなたが夫の女でいることを、あなたの男は夫であることを忘れないでほしいのです。

それは、夫婦は結ばれた男女の関係ということなのです。

 

 

次の2つを自覚しているとあなた自身の行動、思考が変わってきます。

  1. 子供のために単身赴任ということは、今のあなたの状態は、女<母親が強いということです。そのことを自覚しましょう。
  2. 子供のために、単身赴任が当然とは考えないでください。それだけ夫に負担をかけていることを自覚しましょう。
  3. 夫が単身赴任ということは、あなたと夫が再び恋人同士になるチャンスです。

 

あなたに転勤の打診が来ても同じです。あなたが、夫の女でいることを、あなたの男は夫であることを忘れないでほしいのです。

 

そして転勤を受け入れ昇進し、女性の管理職になってください。

 

 単身赴任の場合は、できれば週に一回ぐらいは夫の赴任地でデートをしましょう。今はラインや、テレビ電話などもあります。また手紙を書くのもよいでしょう。

 

夫婦は結ばれた男女だとしたら夫に単身赴任してもらうとしたら、あなたはどのようにしますか?

 

最初はご夫婦だけで話し合い、再度家族全員で話しあいましょう。

 

◆もしあなたが高収入の場合、夫に専業主夫をしていただく方法もあります。

その場合は、あなたのために男性である夫が専業主夫を選んでくれたことに感謝ですね。

 

男女平等といっても、今だ社会は男性に対してある一定のイメージがあります。 そのイメージ異なる夫婦の形態は、夫が精神的に強くないと難しいです。

言い換えれば、専業主夫は精神力が強い男なのです。

 

 

家族で転勤も単身赴任もどちらにしても夫に対するリスペクトは大切です。あなた自身に対してご自身のリスペクトが大切なのはもちろんです。

 

そして一番大切なことは、夫婦が話し合う習慣です。 

 

【伝わるアサーティブな伝え方】

 

  1. 相手のインタビューするつもりで情報を集める。
    デコルテを夫に向けて夫の説明や意見を最後まで、うなずきと共に聴く。
    場合によっては、夫の太ももに手を載せることや、夫の手にあなたの手を重ねることも必要です。

    彼が単身赴任でもいいと言ったときは、「あなたは本当はどうしたいの?」「私あなたのことを愛しているの、だからあなたの本当の気持ちを知りたいの」と続けることも必要な時もあります。


    夫の話をを聴くために、黙りましょう。
    最低5分間!


    夫が本音を話したとあなたが思ったら2.に行きます。(あなたの勘違いの可能性もありますので、常に夫の話に耳を傾けましょう)

  2. あなたの事情を伝えます。
    感情や状況を伝える:「そして、私は」を使ってあなたの不安や感情を伝えるのです。「でも、だって」は使わない。


    論理的に説明する:「なぜなら」と環境やあなたの理由を伝えます。

    提案する、具体的に挙げる:Iメッセージ「私はできれば〇〇したい」と意見を提案の形で伝えます。

    再度、夫の意見や感情を聴く:「私の気持ちに対してのあなたの意見を聞きたい」と夫の気持ちを聞きます。この時に大切なことは夫の本音を感じることです。

  3. 歩み寄る、決定する:お互いの未来を想像し、意見をすり合わせをします。
    この時に、夫が自分の責務を果たそうとするとき、それが当たり前、当然と思わないことです。夫に感謝しましょう。

    夫を説得するのでなく、いたわり、話を聴くのです。そしてお互いに歩み寄り、解決策を二人で出すのです。

    女と男が結婚し、死ぬまで女であり、男であることを意識しましょう。
大切なことは、あなたが女として、人として、母として幸せになることです。それを意識しましょう。

男性は女性と結婚したのであって、子供の母親とは結婚したのではないのです。夫婦円満も離婚回避も夫婦再生も夫婦の溝への橋渡しの方も、そのことを知ってください。

 

離婚したくない。夫婦仲を良くしたい。もっと夫に愛されたい! と願う人は女であることを忘れないでくださいね。

離婚・夫婦問題解決、夫婦円満のご相談は04‐7190‐5869に!
離婚・夫婦問題解決、夫婦円満のご相談は04‐7190‐5869に!
ご相談申し込みフォーム
ご相談申し込みフォーム

※離婚・夫婦問題解決、夫婦円満のご相談は

04‐7190‐5869に!

お電話が繋がりにくい場合は、留守番電話に録音、少し時間をおいてのお掛け直しをお願い致します。 折り返し申し込み込み受付仔細をお伝えします。

 

お申し込みは仮名・ニックネイムでOKです。

ご住所も明記する必要はありませんのでご安心ください。あなたの秘密は厳守いたします。

電話相談は全国! 対面相談は東京、千葉、

柏、埼玉、茨城は日帰り相談可能です。

写真提供:ペイレスイメージズ

HPページトップに戻る