必須 メールアドレス  【半角英数字】
必須 お名前 ニックネイムもOK
姓:名:

カードも使えます。

その他のオプション
中村はるみに相談するメリット
中村はるみに相談するメリット
ご相談の流れとプラン料金
ご相談の流れとプラン料金
中村はるみにご相談のお申し込み
中村はるみにご相談のお申し込み
相談者の声・感想
相談者の声・感想
魅力的な女性になる講座・講演会
魅力的な女性になる講座・講演会
中村はるみの2014.6.1~のブログ
中村はるみの2014.6.1~のブログ
中村はるみのメディア出演実績
中村はるみのメディア出演実績
メディア記事・講演会・講座依頼
メディア記事・講演会・講座依頼
安心の専門家として登録者です
安心の専門家として登録者です

幸せな家族:離婚を回避する夫・妻・子供の関係

中村はるみの考える「離婚を回避できる夫・妻・子供の関係」とは・・・

 家族一人一人の居場所がある家族が離婚を回避できる家族関係 

 

・家族互いが相手を一人の人間として存在を認め合っている

・家族互いに信頼している

・家族互いに敬愛している。それを互いにわかっている

・家族互いに自由である

・家族互いに相手の可能性を認め、応援できる

・家族互いに相手をコントロールしない

・家族互いが必要としたときにアドバイス・注意を伝えられ、受け取れる

・家族互いに自分を優先し、自分が幸せになる道を選べる

・家族互いに人間として横の関係でいる

 

家族互いが夫の、妻の、子どもの存在を丸ごと無条件に認めることです。

そのことが家族一人一人の居場所を家庭に与えます。

「離婚しない、互いを必要とする家族」の基本は相手の存在を認めること

愛には条件がないが、恋には条件がある!

 

♥「相手のどこが好き?」と聞かれたら、

 「優しいところ」

 「嘘をつかないところ」

 「誠実なところ」

 「頭がいいところ」と答えられるのが恋です。

 

 

 

 

 

 

つまり、認めるための条件があります。

その条件が失われると、「えぇ!?」となって100年の恋も冷めます。

 

♥「相手のどこが好き?」と聞かれたら、

 「欠点もあるんだけど、あの人だから好きなの」

 「あの子だから好きなんだ」

 「あの人の欠点も、良いところも全てがいいの」

 「理由はないけど、私のあの子だからいいの」と答えるのが愛です。

 

 

 

 

 

 

愛するのに条件がないのが、愛です。


家族互いに、相手を欠点も長所も個性として受け入れられる家族が、

中村はるみが考える「幸せな家族」です。

 

家族がどんなにひどい状態になっても相手を認め、受け入れられる家族関係が、私の私の考える「幸せな家族関係」です。言い換えれば夫婦円満です。

 

我が子が障害者になっても、誰よりも大事な我が子です。

我が子の替えはありません。我が子だから、あの子だからいいのです。

我が夫・我が妻に関しても同じです。

 

人は年を重ねます。

その時に年を重ねた伴侶より若い人のほうが良いというのは、我が子を《美しく東大出の思いやりのある他人》と、すり替えることと同じだと考えます。

家族が一緒に暮らす必要もありません。もちろん一緒に暮らしてもOKです。

 

人生を決めるのはあなた自身です。同じように相手にも自分の人生を決めることができます。

お互い自分の人生を決めることができるのが「幸せな家族」と考えます。

そして人は一人では生きていけないことも知っているのが「幸せな家族」です。   

愛しあう家族で飛び交う言葉は「ありがとう」「ごめんなさい」

夫婦仲が良いと子どもはのびのびと育つ
夫婦仲が良いと子どもはのびのびと育つ
 人間関係の基本の言葉は、

「ありがとう」「ごめんなさい」

 

この2つが飛び交う家族は安心です。

この言葉は消えると危険信号が点きます。

 

家族の役目は異なりますが、人として対等です。

 

大切なことは、

親が子どもに、「ありがとう」と「ごめんなさい」と伝えているか、

夫が妻に、「ありがとう」と「ごめんなさい」と伝えているか、

妻が夫に、「ありがとう」と「ごめんなさい」と伝えているか、

子どもが親に、「ありがとう」と「ごめんなさい」と伝えているか、

 

そして、相手に伝わっているかです。

大事なことは相手に伝わり、相手が受け取っていることです

確実に相手に受け取ってもらうことが大事です。


あなた一人勝手の伝え方はNGです。

伝えた言葉を受け入れるかどうかは相手が決めることなのです。

あなたにも受け入れるかどうかを決める権利があります。

受け取ることと、受け入れることは別問題です

 

あなたの言葉をどう受け止めるか、受け入れるか決めるのは相手!

受け取ったことを受け入れるか、受け入れないかの選択権は相手にあります

又、どう受け入れるかはその相手が決めることです。

そのことを理解している家族が「愛しあい、離婚を予防し、お互いの力を発揮できる幸せ家族」と言えます。

このことが結婚継続に欠かせません。

ご相談は04‐7190‐5869まで
ご相談は04‐7190‐5869まで
ご相談申し込みフォーム
ご相談申し込みフォーム

※お電話が繋がりにくい場合は、留守番電話に録音、少し時間をおいてのお掛け直しをお願い致します。

折り返し申し込み込み受付仔細をお伝えします。

 

お申し込みは仮名・ニックネイムでOKです。

ご住所も明記する必要はありませんのでご安心ください。

あなたの秘密は厳守いたします。

電話相談は全国! 

対面相談は東京、千葉、柏、埼玉、茨城は日帰り相談可能です。

写真提供:ペイレスイメージズ

HPページトップに戻る