クオリティ・オブ・ライフ研究所

04-7190-5869
お問い合わせ
ご相談件数のべ3000件以上

「夫婦心理×性格タイプ分析」と「心理ワーク×届く伝え方」を軸に、夫婦間相談を受け80%以上の夫婦を「恋愛再燃」で解決してきました。

男女が「ありがとう」「ごめんなさい」と尊重し合う社会を創る“新たな男女の生き方”をサポートする「夫婦円満学校」を主催しています。

メールアドレス|【半角英数】※必須

お名前:ニックネームOK ※必須

プロフィール

クオリティ・オブ・ライフ研究所代表
中村 はるみ  
 Nakamura Harumi

夫婦円満コンサルタントR

 

相談件数3896件(2020年12月現在)の夫婦問題の8割以上を「夫婦恋愛再燃」で解決した夫婦恋愛再燃&男女間性格分析の専門家&ライター。

 

男女性差×性格分析を基に考案した“男女間性格分析”と心を整える“FGBG思考”が実践的と好評を博す。

来談者の50%が男性ゆえに男性心理に長け、全国から相談が絶えない。

 

相談の成功事例多数(成功事例一部を下記に記載)

 

現在は銀座・日暮里・柏の葉キャンパス・大阪梅田で対面、電話・Web相談で全国に応じる。(コロナ渦、銀座オフィス閉鎖。コロナ終息後再開予定)

クオリティ・オブ・ライフ研究所代表 中村 はるみ   夫婦円満コンサルタント®
夫婦円満コンサルタントR 中村 はるみ

 

「ありがとう」「ごめんなさい」と尊重しあう「自律した男女の交流」を学ぶ「WEB夫婦円満学校」を主宰。

これからも夫婦円満コンサルタントを自身のライフワークとして、自分らしい人生を望む人に、伴侶と戦わず、望みを叶える生き方を提案し続ける。

 

*FGBG思考とは、事実(fact)をどのように見て状況判断するかと+目的(goal)によって、目的を叶える方法=解決策が決まります。

冷静に事実を確認し悪い解釈と良い解釈、それぞれを基に解決に向けての戦略を立てる思考です。

But思考・弱み・感情、Good思考・強み・感情のすべてが、目的を叶えるツールになるという考え方です。 

 

 ◆ コンサルティング成功事例

  • 妻子に手を出すDV夫を10日間で妻を労う夫に変化させる
  • 夫の浮気解決
  • 10歳以上若い女性との浮気解消
  • 離婚届けに署名した10歳年下夫との関係を1回の相談で修復
  • 親子関係の再構築
  • 離婚寸前別居夫婦を一回の相談で同居に戻し、人生を共に歩む夫婦にする
  • 帰宅恐怖症の夫が1ヵ月で帰宅ができる環境を整え、3ヵ月で夫の浮気を解決しラブラブ夫婦にする

 

●国内外テレビ出演:フジテレビ、日本テレビ、大阪読売テレビ、TBS、アルジャジーラテレビ局など11件。

●執筆実績:雑誌「女性自身」や新聞コラム連載など60件。

詳細プロフィール

名古屋生まれ、横浜育ち。

小3のとき浮気症の父が再婚。

育ての母にライバル視され、幼少より一人で起き朝食をつくり食べ登校する生活を送る。

 

育ての母は常に「オンナ」であり、一度も母親の役割を果たしてくれなかった。

しかし、彼女生い立ちは「幸せ」とは程遠く、その切ない人生を目の当たりにし「女の一生」を学ぶ。

これらの経験から「私は絶対に離婚をしない」と誓う。

 

 

1980年、26歳のときに親より夫を選択し結婚。

 

ちょうどバブルと育児の時期が重なり、自身の本当の青春「子育て」を、親を反面教師として楽しみ満喫する。

この頃から夫はあらゆる面で意地を張りマウンティングを取るようになる。

 

 

高熱の妻へ「出前、注文して」類は日常茶飯事。

 

流産後、妻が再度の流産を恐れ休養していると「家事に専念しろ」とばかりに「家事達成表」を突き付ける夫。

「暇な君がゆっくりと片付けて」と引越し休暇を転勤地:仙台探訪に費やす夫。

常に「自分が正しい」という夫の態度。

 

形勢が悪くなると「僕を理解してくれない」と心を閉ざす行動が続き、我慢は限界。

「家庭内離婚」を密かに決意する。

 

 

しかしその後、

すべてのことにやる気が失せ、無味乾燥な時間を生きることとなる。

しばらくすると、自身の深いところから、「恋をしたい。恋をしたい」と突然、声が聞こえた。

 

自分の心の奥底からの呟きと気づき愕然とする。

愛を欲している自分に気づく。

このとき「私は、私だけを愛している人が必要な人間だ」と自分を知った。

 

「子どもが二人いて他の男性と恋をしたら最悪になる」という冷静な判断もあり、2ヵ月で「自身の心の恋人」に夫を戻す。

そのうえで、全身全霊で夫の心を動かし「夫婦恋愛再燃」を仕掛けた結果、3ヵ月で円満夫婦となる。

 

 
バブル崩壊が始まった1991年、第三子出産。

 

その後すぐ、会社員の夫が背負った想定外の「7000万の借金」が発覚したが、この危機を「夫とともに乗り越える」と覚悟を決める。

家計を握りお互いに協力しながら返済に向かう。

 

バブル崩壊・リーマンショック・東日本大震災を経験。

出会った夫婦たちから多種多様な夫婦の絆の強さを知る。 

  

 

 

50歳を迎えるころ、夫婦の山あり谷あり人生を振り返り、自分の生き方を見直す。

亭主関白の夫をたてながら、自身の第三の人生を模索し始める。

 

2007年、2年間のコーチングの学びを経て、女性士業向けコーチとして独立。

 

一時的に起業に反対する夫と仲は最悪になったものの、2011年の東日本大震災を一緒に乗り越え、夫の愛情を確認。

互いの性格やジェンダー意識にも理解ができるようになった。

 

 

2012年「夫婦円満コンサルタント」として東京・銀座にてオフィスを開く。

2015年6月19日夫婦円満コンサルタントの商標登録が受理される。(追記 登録番号5772010)

  

 

現在は銀座・日暮里・柏の葉キャンパス・大阪梅田で対面、電話相談で全国に応じる。

 「ありがとう」「ごめんなさい」と尊重しあう「自律した男女の交流」を学ぶ「WEB夫婦円満学校」を主宰。

 

これからも夫婦円満コンサルタントを自身のライフワークとして、自分らしい人生を望む人に、伴侶と戦わず、望みを叶える生き方を提案し続ける。

  

【中村はるみの運営メディア一覧】

クオリティ・オブ・ライフ研究所のご案内

クオリティ・オブ・ライフとは

クオリティ・オブ・ライフ研究所が提供するのは「人生の質=幸せ」
クオリティ・オブ・ライフ研究所が提供するのは「人生の質=幸せ」

クオリティ・オブ・ライフ研究所にようこそ!

代表の中村 はるみでございます。

 

クオリティ・オブ・ライフの意味は、「人生の質」という意味です。

quality of lifeを略し「QOL」とも表記されます。

医療では「生活の質」の意味で使います。

 

人生の質を決めるものは、何でしょうか?

 

 

人生の質は、「人間らしい生活や自分らしい生活を送り、どれだけ人生に幸福を見出しているか」を尺度としています。

 

極端の話、あなたが幸せを感じているなら、QOLは高いといえます。

 


幸せの要因は、経済力? 社会的成功? 夢をかなえること? 愛されること?

全て、手に入れたいですよね。

  

 

次のような話をよく聞きませんか?

成功者の臨終での呟きが「家族や妻と、もっと一緒に過ごしたかった」と。

 

 

実際の相談や自分の体験から、私は人生の土台は「家族関係」と実感しています。

特に「伴侶」との関係が良好だと、人は「幸せ」と感じます。

 

夫婦仲がよい環境と悪い環境では、仲が良い方が子どもの環境は良いはず。

仕事も仲が良い方が上手くいきますよね。

 

「妻の人生、夫次第。夫の人生、妻次第」と思いませんか?

 

夫婦円満コンサルタントR 中村はるみの夫婦恋愛再燃
夫婦円満コンサルタントR 中村はるみの夫婦恋愛再燃

クオリティ・オブ・ライフ研究所の強み

クオリティ・オブ・ライフ研究所がご提供するのは「家族関係をよくすること」です。

特に、その中で「夫婦関係をよくすること」に特化しております。

 

 

ご提供することは、夫婦恋愛再燃です。

 

そのための方法が、クオリティ・オブ・ライフ心理学

内容は、性格タイプ分析交流術・FGBG思考実践心理学の三分野。

 

具体的には、男女間性格分析・交流分析で自分と伴侶の性格と心理を分析します。

 

その分析結果を基に、コミュニケーション術・男女心理・心理セッション・子育て術などで交流し、夫婦恋愛再燃を仕掛けます。

そのときFGBG思考や実践心理学を活用し冷静に状況などを判断し、ご自身の心理を整えます。

 

これらはあなた自身の人生を創っていく自主性を育て、夫や家族との関係をよくするための心強いツールとなります。

 

 

クオリティ・オブ・ライフ研究所でご提供しているものには下記の六種類に分けられます。

団体向け・個人向けのコンサルティング/夫婦円満学校/心理学講座などがございます。

 

 

ぜひ、ご自身の人生のハンドルを握り、幸せに生きるためにご利用ください。

 

中村はるみの経歴

《資格》

 

  • 日本交流分析協会会員 1級分析士
  • チームフロー認定コーチ
  • 財団法人実務技能検定接 遇2級
  • イギリスロバートディルツNLPビジネスプラクティショナー
  • 財団法人生涯学習開発財団認定コーチ2007年合格

 

  • 東京商工会議所中央  会員
  • 東京商工会議所女性会 会員
日本交流分析協会会員 1級分析士 夫婦円満コンサルタントR 中村 はるみ
日本交流分析協会会員 1級分析士 中村 はるみ

~2007年

専業主婦を経て、子ども3人育て中の兼業主婦、準備を重ね、認定コーチに合格
1953年 名古屋で生まれ横浜育ち
夫の転勤で仙台に移住

2003年 大手流通会社に再就職

パート職員から信頼を得、仕事場が相談室となることが多々あり、労働組支部長に選ばれる

 

2005年 株式会社 コーチ・エィ アカデミア(旧コーチ・21)にて(財)生涯学習開発財団認定コーチの受験資格を得られるCTPを学び始める

2007年1月 財)生涯学習開発財団 認定コーチに合格

2007~2008年

末っ子の義務教育終了後に満を持して起業、夫婦仲最悪に!心理学を学ぶ

2007年2月 NPO法人日本メディエーション(訴訟以外の方法で問題を解決する)センター正会員となり学ぶ

10月 女性士業のコーチとして起業。
起業反対の夫との夫婦仲が最悪になる

女性相談者たちに離婚、婚活問題が起き、男女問題がクローズUPされる

精神科医の癒し・交流分析などの各種心理学に傾倒、男女心理・心理療法・NLPを学ぶ
2008年3月女性目線の記事が話題となり、仙台リビングに「私の幸せ時間」記事掲載

2009~2010年

講演会・セミナー・映画会などを主催。コーチとして仙台で地盤を固める
看板は士業サポート。実際は夫婦問題・離婚回避で活躍
自衛隊員の婚活サポートなどでも結果を出す

2009年 6月28日オリンピックの金メダリストメンタルコーチ平本あきお氏のセミナーを青年文化センターで主催
直接、平本あきお氏から五感メソッドを学ぶ


2010年 2月~7月まで東北放送現役アナウンサーのセミナーに累計100名集客
数多くの講演会の集客などに関わり仙台で地盤を固め、活動する

性差も活用次第で問題の解決ルールになると判る

2011~2012年

夫の意向で首都圏に転居。夫婦円満コンサルタントとして活動。そして経営者へ始動
2011年 3月11日の東日本大地震で自身の講演が中止。夫の要望で柏市に転居
夫婦円満コンサルタントとして銀座で起業


良好な夫婦関係構築・浮気防止・離婚回避などの早い結果に口コミ続出
来談者の50%が男性。雑誌、テレビなどのメデイアに取り上げられ、全国の男女共同参画・熟年夫婦の新たな生き方・夫婦円満の講演、セミナーなどに登壇


メルマガを発行。「男女が生きやすい社会」をめざして、力強くサポートする

2013~2014年

「男女間の誤解・行き違いは人生の大損失、性差を理解することが人生を豊かにする」と情報発信を始める
2013年 実生活でも夫が「リタイア後、人生を謳歌している熟年」としてNHKでも取り上げられる
2014年 熟年夫婦問題を話せる年齢60歳となる


現代女性の望み(愛・子ども・社会参加)を叶えるのために夫婦円満学校を主宰
愛知県江南市「男女共同参画」登壇

2015~2017年

夫婦円満コンサルタントの商標登録受理、「男女が生きやすい社会」をめざして活動する
リクルートなどに夫婦円満・男女性差・男女が上手くいく会話術・女性が頭角を現すための心構え・豊かな女性性などの記事記載
2015年6月19日夫婦円満コンサルタントの商標登録


夫が充実熟年としてダ・ウォール・ストリート・ジャーナル、・ノルウェー福祉ケアサービスに取材される
自身は三井不動産商業マネジメント&JTB連携イベント“三井アウトレットパーク20周年記念”登壇
平塚市・君津市主催講演会・ゼクシー編集部などに登壇

2018年

異性間性格分析&夫婦恋愛再燃を体系化。

男女平等を叶える現実策としてジェンダーバイアス※1も活用する
Web会議Zoomを使用した相談を始める。

2019年

WEB夫婦円満学校を立ち上げる

2020年4月ニューヨークタイムズ東京支社から現代夫婦のジェンダー意識※2についてインタビューを受ける

10月アルジャラジーラテレビ局に出演

 

すべてが現実の即した「現代女性の幸せになるツール」になると考える

 

ライフワークとして、自分らしい人生を望む人に「ジェンダー・センシティブ」※3&「現実に即した対応」で、伴侶と戦わず愛され、望みを叶える生き方を提案し続ける

◇ ご相談を受けた経験から下記のことを言えます。

男女平等意識が強くなった現代でも、社会的性別=ジェンダーは各個人のアイデンティティー(自分とは「何者か」という主体性)に、深くかかわっているのは事実です。

自分が男であるか女であるかは、良い悪いでなく自分の生き方を決める大きな要因の1つです。

女性の社会進出が叫ばれている近年だからこそ、ジェンダー意識の取り扱いが、夫婦仲をよくするポイントといえます。

 

※1ジェンダーバイアスとは「、男性だから〇〇、女性だから〇〇」といった偏見意識のことです。

※2◇「性」の区分に関しては、一般的に次の三つのものがあります。

1.生まれついての生物学的な性差(sex) 社会的、文化的な性のありよう( gender)
2.社会通念や慣習の中には、社会によって作り上げられた「男性像」「女性像」があります。
  このような男性、女性の別を「社会的・文化的に形成された性別」(ジェンダー/gender)といいます。

3.性的指向性(sexuality) である

「社会的・文化的に形成された性別」は、それ自体に良い、悪いの価値を含むものではありません。

 

※3ジェンダー・センシティブとは、「性別」により慎重であろうとする考え方です。

ジェンダーを重要と考え、差別に繋がるコトでも消去するのでなく、そのコトの影響を注意深く観察し自分らしい生き方に不利益が生まれそうな場合は修正しようする考え方。

ジェンダーの存在を肯定しつつジェンダー・バイアスを持たずに異性と交流し、相手の個性を認めジェンダー規範をなくし他者の生き方を認める関わり方。