クオリティ・オブ・ライフ研究所

04-7190-5869
お問い合わせ
ご相談件数のべ3000件以上

「夫婦心理×性格タイプ分析」と「心理ワーク×届く伝え方」を軸に、夫婦間相談を受け80%以上の夫婦を「恋愛再燃」で解決してきました。

男女が「ありがとう」「ごめんなさい」と尊重し合う社会を創る“新たな男女の生き方”をサポートする「夫婦円満学校」を主催しています。

メールアドレス|【半角英数】※必須

お名前:ニックネームOK ※必須

夫に愛され子育ての達人になる極意 意外と恐ろしい気遣える女性の裏話

こんにちは、夫婦円満コンサルタントR 中村はるみです。

 

夫に愛される基本&子育ての極意は、 妻の恋人は夫であること。

真の母性を支えるのは、女性としての意識です。

子どもを恋人やカウンセラーにしないでくださいね。

 

今日は、80万部発行の新聞連続コラムの15回目 親の子離れです。

このコラムは夫婦二人向けですが「妻に寄り添って」と願い、何気なく夫向けに書きました。

何気なく書いた理由は、男性の反発を避け新たな視点を取り入れていただくためです。

 

夫婦円満コンサルタントR 中村はるみの新聞連続コラム15 夫に愛されて子育ての達人になる極意:子離れは、夫婦円満の秘訣 
夫に愛されて子育ての達人になる極意:子離れは、夫婦円満の秘訣

産後クライシスを起こしやすい妻の3つの共通点と2つの原因

出産後、ホルモンバランスを崩した妻が夫を攻撃し、関係が最悪になる「産後クライシス」をご存じですか?

 

  • この症状の主な原因は3点
  1. ホルモンバランスの崩れ
  2. 妻の産後の精神的辛さや体調不良に全く理解がなく、精神的に支えるという態度がない夫の言動
  3. 核家族化による母親一辺倒の子育て環境

 

症状はさまざまです。

 

 

◆ 中村が相談を受けた産後クライシスの具体的症状

  • 夫を見ると過呼吸になる
  • 強迫神経症で、4歳のわが子におむつをさせている
  • 夫に暴力を振るう

 

 

  • 少ない相談事例から、妻の共通点は、次の三つ
  1. 妻の実母が娘を手元に置きたがる(子離れできない)
  2. 夫より、実母を選んでいる妻(親離れできない)
  3. 妻の両親の夫婦仲が悪い

 

母親が子離れしていたら……娘さんは違ったのに)と残念でした。

  

親が子離れしていたら、子どもは自由(自分で考え意見を持つ)になれます。

経験や社会から多くの考え方や常識にふれ、自身で考え決断する経験をしたことでしょう。

 

新しい考え方や人生の姿勢(夫の考え方や姿勢)を受けとる柔軟性を身につけたかもしれません。

もしかしたら、彼女に症状が起きなかったかもしれません。

 

意外と恐ろしい気遣える女性の裏話 意見を言える2つの強み

子どもが親のカウンセラー役になると、自分の意見を言えず、周りに気を遣います。

 

 

母親をいたわる我が子に満足し、母親はさらに我が子に頼ります。

それは、子どもにとって「かけがえのない承認」。

 

カウンセラー役の子どもは、大人の気持ちを推測する良い子に育ちます。

無意識に周りの空気を読み、忖度する繊細な女の子と成長します。

 

 

周囲は「気遣える女性」を評価しますよね。

 

自然と求められている役割を演じるのは当然の流れです。

前前回「誰でも認めてほしい」願望がありますと載せました。

 

 

いつも「いいよね」と称賛がくるとは限りませんよね。

でも、良い子は無意識に称賛や労りの言葉を求めます。

 

労いがないと「なんで私を労わないの」と憶測/妄想が始まります。

次に「今まであれほど私がしてあげたのに」と被害者意識を強めます。

 

 

予防は「我慢せず、意見を言える女性」に育てること。

その良さは、被害者意識を起こしにくいことです。

状況を把握し、自分の意見を表現する能力が育ちます。

 

立場が異なれば、親子の意見が違うのは当然ですよね。

 

 

親が「あなたはどうしたいの? どう感じたの?」など子どもの意見を確認するだけで、自然に子離れの準備ができます。

 

誰でも簡単に、子離れが自然と意識できる質問

冷静で論理的な夫の正論は、いたわりが欲しい妻を追い詰めます。

 

するといたわりと一体感が欲しい妻は、子離れしていない実母と我が子の関係に逃げ込みます。

思いやりがある夫でさえも、敵とみなします。

 

 

母親が子離れしていたら、母親が我が子を「意見を伝える女性」に育てていたら、

その子供は我慢せず、気持ちを伝えたでしょう。

 

 

我が子が結婚してからでも、遅くはありません。

 

我が子が頼ってきたら、わが子の話を最後まで聞いてください。

そのうえで次の6つの質問をしてください。

 

  • 我が子の気持ち
  1. あなたは伴侶とどうなりたいの?
  2. あなたが伴侶に望んでいた言葉/動作は何?
  3. それを伴侶に伝えた?

 

  • 伴侶の気持ちに沿う伝え方
  1. 伴侶の考えと気持ちを知っている?
  2. 伴侶にとってわかり易い言葉はどんな言葉?
  3. 伴侶が受け入れそうな伝え方は?

 

この6の質問だけで、あなたは子離れを自然に意識でき、いつしか子離れしています。

なぜなら、この質問は相手を一人の大人として見ているからこそできる質問です。

 

そして子どもは一人の人として、自分の意見や感情を伝えられるように育っていきます。

親はそれを見守るだけです。

 

恋人夫婦が、息子と子離れする簡単で最高に効果ある方法

1992年、大ヒットしたドラマの登場人物である「冬彦さん」が流行語大賞に選ばれました。

 

母親と一心同体の男性と結婚した女性からの相談は悲惨です。

わが子を自分のモノと勘違いすると弊害が起こります。

 

こちらも防止策は親の子離れ。

 

 

妻たちへ、夫を恋人/人生のパートナーの位置に戻して、恋人時代のように甘えてください。

至難の業ですか? 

 

でも夫が妻をねぎらい女性として扱えば、子どもが入る余地は消え子離れしやすいですよね。

次回は夫への記事です。

 

夫の人生妻次第、妻の人生夫次第ですよ。

 クオリティ・オブ・ライフ研究所 代表 夫婦円満コンサルタントR 中村はるみ 

  

◇ 幸せになりたい方はこちらです。中村はるみが直接あなたのお話を聞きます。

 

下記のプロも読んでいる「一日3分,読むだけであなたは愛され妻! 魔法の365レッスン」には、

365日間、もっと具体的なノウハウ:男女心理、愛される女の服装・髪型・化粧・マインド作り、癒し、性格分析、SEX・会話、夫婦恋愛、夫婦喧嘩の仕方などの知識を効果的に載せています。

 

メールアドレス|【半角英数】※必須

お名前:ニックネームOK ※必須

 

柏駅、柏の葉キャンパス駅、松戸市、我孫子市、鎌ケ谷市、野田市、流山市、印西市、白井市、取手市、守谷市、銀座、東京、日暮里、北千住、上野、有楽町、足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区の方、対面相談可能です。