クオリティ・オブ・ライフ研究所

04-7190-5869
お問い合わせ
ご相談件数のべ3000件以上

「夫婦心理×性格タイプ分析」と「心理ワーク×届く伝え方」を軸に、夫婦間相談を受け80%以上の夫婦を「恋愛再燃」で解決してきました。

男女が「ありがとう」「ごめんなさい」と尊重し合う社会を創る“新たな男女の生き方”をサポートする「夫婦円満学校」を主催しています。

メールアドレス|【半角英数】※必須

お名前:ニックネームOK ※必須

ジェンダー呪いをはがす本気/本音/本心 幸せな夫婦円満の選択

こんにちは、夫婦円満コンサルタントR 中村はるみです。

 

人生にはさまざまなことが起きますよね。

「もしも〇〇……」この質問で幸せ決断基準&邪魔する呪いが判ります。

 

今日の80万部発行の新聞に連続コラムの22回目 決断する基準、幸せを邪魔する呪い

 

夫婦円満コンサルタントR 中村はるみの新聞連続コラム22 目的と状況で決断基準が決まる。二人の生きがいや本心と本音を伝えあう。
目的と状況で決断基準が決まる。二人の生きがいや本心と本音を伝えあう。

選択で決まる夫婦円満の人生 許せない医療ミス

これは、ある家族の事例です。

「これ、兄さんのお嫁さんのことだよね」

 

妹が「私」に見せたのは、病院の医療ミスを暴露した週刊誌の記事。

 

患者家族は医療ミスと知らず多額の医療費を負担している。

などと書かれているさまざまな状況が兄夫婦と一致、

 

信じたくないが、被害者は確実に兄嫁でした。

 

 

兄嫁の余命はあと1~3カ月で、兄夫婦の子どもはすでに独立。

兄(70)も悠々自適の生活を送っています。

 

医療裁判の勝率は15~20%。

和解までの心労や費やす時間も計り知れません。

夫婦円満コンサルタントR 中村はるみ 人生の選択のワークの図 医療ミス
人生の選択のワークの図 医療ミス

「私」はどうしたらよいでしょうか? 迷っています。

 

 

あなただったら週刊誌の内容を兄に「知らせる/知らせない」。

どちらを選びますか?

 

 

正解はありません。

真実を知ることによる苦しみや恨み、遠ざかる幸せ。

 

私なら黙ります。

 

幸せと正義は違いますから。

兄の今の幸せのひと時を壊したくないですから。

 

 

でも、兄自ら雑誌記事を見つかたら、兄の選択肢は異なるかもしれません。

兄が私たちが真実を知らせなかったと知ったら、怒るかもしれません。

 

人生に正解はありません。

 

選択は情況と目的で変わる 後悔と無縁の判断基準:本心

次のケースはどうでしょうか。

  • 窓際族の伴侶が外資系の転職試験に合格。

転職を応援する?

 

  • 伴侶が鬱になり収入が40%減。伴侶との生活はつらく、先が見えない。

離婚する? 別居する? 共に暮らす? 

 

  • 妻が起業を試み、家事を手抜きに。

起業を応援する? 様々の選択肢を出すために話しあう?

 

  • 夫/妻が浮気をした。本人は離婚する気はないという。

許す? 許せない? 離婚する? しない? 家庭内離婚する? 再恋愛を仕掛ける?

 

 

状況や何を目的にするかで、出てくる選択肢は異なります。

 

判断基準は伴侶とあなたの生きがい、生活の安全・安心でしょうか。

 

 

 

決断には相手の本心を知ることや、自分の本音を伝えることが必要です。

本気で話すことによって、二人の本音がわかり本心にも気づきます。

 

さらに情況も把握できます。

何を目的とするかも決まるでしょう。

 

決まらなくてもいいのです。

自分と伴侶の本心が判れば、自分の本音がわかり自然と目的が現れます。

 

再び、本音を伴侶に伝えればいいのです。

 

 

それを邪魔しているのが、「男(女)は〇〇するな」の意識。

 

刷り込まれたジェンダー意識が不幸を呼ぶ 柔軟な関係で夫婦円満

次の事例は、鬱になった夫が自殺した妻のつぶやき。

 

「『助けて』と言えば助ける人は大勢いたのに。

夫が愚痴を言えたら、弱みをさらけ出せたら、二人の幸せが続いたのに……」。

 

 

厚生労働省の令和元年50~59歳までの男性の自殺理由は、健康問題が一番です。

ですが、家庭+経済+勤務問題の合計は健康問題の1,5倍です。 

厚生労働省年次報告書自殺対策白書(本体)出典

 

 

「男/女は〇〇すべき」「男/女は〇〇してはいけない」から抜け出られて自由になれたら

男性の思考が柔軟になることで家庭+経済+勤務問題の自殺者が減る可能性があります。

 

 

また、男性は女性より自殺者が約2,4倍多いです。

実際に切羽迫ってから、私に相談にこられる方が多いです。

 

「自分一人で、どうにかしたい」。

「愚痴を言うのは弱い証拠」などの意識が、幸せを邪魔する呪いかもしれません。

 

 

誰でも一息つける時間や場所がその呪いを弱めます。

愚痴・ストレスを吐き出すことで肩の力を抜け、張り付いたジェンダー意識が剥がれはじめます。

 

その呪いを歩きながら脱ぎ捨ててください。

身も心も軽く柔軟な自分を感じながら。 

 

どうか「男(女)は〇〇」から卒業して、二人で幸せにお暮らしください。

 

 クオリティ・オブ・ライフ研究所 代表 夫婦円満コンサルタントR 中村はるみ 

  

◇ 幸せになりたい方はこちらです。中村はるみが直接あなたのお話を聞きます。

 

下記のプロも読んでいる「一日3分,読むだけであなたは愛され妻! 魔法の365レッスン」には、

365日間、もっと具体的なノウハウ:男女心理、愛される女の服装・髪型・化粧・マインド作り、癒し、性格分析、SEX・会話、夫婦恋愛、夫婦喧嘩の仕方などの知識を効果的に載せています。

 

メールアドレス|【半角英数】※必須

お名前:ニックネームOK ※必須

 

柏駅、柏の葉キャンパス駅、松戸市、我孫子市、鎌ケ谷市、野田市、流山市、印西市、白井市、取手市、守谷市、銀座、東京、日暮里、北千住、上野、有楽町、足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区の方、対面相談可能です。